オイル交換の節約方法

オイル交換で節約

オイル交換の節約術

カー用品店でオイル交換すると節約できる

オイル交換はお店に全部お任せでやっていませんか?

 

 

お店に言われるままにオイル交換して損をしていませんか?

 

 

カー用品店で一番安いグレードのオイルに交換することでかなりの節約になります。エンジンオイルは定期的(半年〜1年または5,000〜10,000kmに1回)に交換が必要です。安く済ませられればそれだけ維持費を抑えられます。

 

 

1年で10,000km走行する方で、5,000kmごとにオイル交換する場合、1年に2回交換が必要になります。

 

 

私は1年に12,000kmくらい走るので、1年で2〜3回オイル交換しています。

 

 

大手のカー用品店(オートバックス、イエローハット、ジェームス等)で交換がオススメです。

 

カー用品店でオイル交換

 

新車のディーラーや整備工場はエンジンオイルの単価設定が高いことが多いです。
一方、カー用品店はエンジンオイルの単価設定が安めです。

 

 

オイル代以外に交換工賃がかかる場合がありますが、これはお店によって異なります。大手のカー用品店ですと、年会費500円程度を支払えば、あとは工賃無料の場合がほとんどです。

 

 

車の大きさとエンジンオイルのグレードにもよりますが、1,500ccの車ですとエンジンオイルの量は4L弱で、カー用品店ではエンジンオイル代は2,000円くらいで済みます。

 

 

一方、ディーラーや整備工場だと、この倍以上の費用がかかることが多いです。
1回のオイル交換で2,000〜4,000円くらいの差があります。

 

 

なので、カー用品店でオイル交換することで年間4,000〜8,000円の節約になります。

 

 

全てのディーラーや整備工場が高いというわけではありませんが、大手のカー用品で交換すれば間違いありません。

 

 

エンジンオイルは一番安いグレードで問題なし!

カー用品店ではエンジンオイルのグレード(種類)を自分で選ぶことができます。

 

カー用品店

 

新車ディーラーや整備工場の場合、おまかせで「このエンジンオイルでこの料金」という具合に選択肢がない場合が多いです。

 

 

カー用品店ですと自分でエンジンオイルのグレード・価格帯を選ぶことが出来ます。

 

 

「安いエンジンオイルだと心配」と思う方もいるかもしれませんが、現在のエンジンオイルの性能は昔に比べて格段に向上しているので、お店にある一番安いグレードのエンジンオイルで全く問題ありません。

 

 

最近流行りの省燃費オイルは必ずしも使う必要なし

ここ数年で各メーカーの推奨するオイルの規格に「0W−20」というものが増えてきました。
このオイルは全ての車に使えるわけではないのですが、最近の新車でガソリン車であれば多くの車が使えます。低温時にも柔らかいオイルなので、燃費を良くする効果があります。

 

 

特に、ハイブリッド車やアイドリングストップ車は走行中や信号待ちなどでエンジンが止まっている時間が長いため、エンジンの温度が下がりやすいです。

 

 

エンジンの温度が下がると、オイルも硬くなるので抵抗が増えて燃費が悪くなる傾向があります。
このため、「0W−20」という柔らかいオイルを使えば低温時でもオイルが柔らかいので燃費が悪くなりにくいのです。

 

 

この「0W−20」は燃費は良くなりますが、オイル自体の値段が高いのがネックです。

 

 

一般的なオイル「10W−30」などに比べて、オイル交換代が2倍以上することが多いです。
普通のオイルであれば1回2,000円くらいで済むところ、4,000円以上かかったりするわけです。

 

 

怪しげな燃費向上グッズなどを使うより確実に燃費は向上しますが、実際の路上での燃費向上効果は1〜2%程度と言われていますので、高いオイルを使った分の元は取れないと考えた方がいいかもしれません。

 

省燃費オイル

 

具体的に計算してみると、
5,000kmごとにオイル交換する場合、1リッターで15km走る車であれば
5,000km走るのに333リッターのガソリンを使います。

 

 

ガソリン1リッター160円だとすると、333リッターで53,333円分のガソリンを消費します。
もし2%燃費が良くなった場合は1,066円節約になる計算です。

 

 

計算通りに燃費が向上したとしても普通のオイルと「0W−20」オイルの差額\2,000以上の分は元が取れないことになります。

 

 

「0W−20」のオイルが指定されている車の多くは、この他に「5W−30」や「10W−30」も同時に推奨オイルとして指定されている場合がほとんどです。

 

 

管理人のプリウスも「0W−20」が指定されていますが、
説明書を見ると「5W−20]「5W−30」「10W−30」も指定オイルになっています。

 

 

以前、「5W−30」と「0W−20」を使って比べてみたことがありますが、
私の使用条件(通勤片道10km程度)では明らかな燃費の低下は見られませんでした。

 

 

もしかすると、暖かい季節に比べたので、明らかな燃費の違いが出なかったのかもしれません。
寒冷地で、さらに真冬であれば違いが出るかもしれないですね。

 

保険の窓口インズウェブ

 

次のページ『ワイパー交換で節約』へ >>