ロードサービスのみ必要ならJAFは退会

JAFは退会して自動車保険のロードサービスを利用する

JAFは退会して自動車保険のロードサービスを利用する

ロードサービスの基本内容は変わらないのに、JAF退会で年間4,000円節約

ロードサービスを受けるためだけにJAFに入会していませんか?

 

 

車を購入する際にJAF(日本自動車連盟)の加入を勧められて入会する方も多いと思います。

 

 

JAFは年会費4,000円かかります。万が一のロードサービスの為に入会している方は、自動車保険に自動で付いているロードサービスを利用しない手はないです。

 

JAF

 

JAFに入会すること自体は決して悪いことではありませんが、JAF一番のメリットの「ロードサービスの基本料金無料」はほぼ全ての自動車保険に標準のサービスとして付いています。

 

 

つまり、自動車保険に入っていればロードサービスにお金がかからないことがほとんどです。

 

 

地域によって差があるようですが、私の住んでいる地域で自動車保険のロードサービスを依頼すると、JAFが来てくれました。

 

 

なので、基本的なロードサービスの質や内容はJAF自動車保険のロードサービスも変わらないんです。

 

 

同じロードサービスを受けられて、年間4,000円節約できるならJAFは退会した方がオトクだと思います。しかも、ロードサービスの内容は自動車保険のロードサービスの方が無料の範囲が広いことが多いです。

 

 

最近ではほとんどの自動車保険この「ロードサービスの基本料金無料」が付いているので、今加入されている保険にこのサービスが付いているのか、保険の証書などで確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

主要な自動車保険のロードサービスの内容は以下の通りです。

 

レッカー

無料の範囲

バッテリー

上がり

タイヤパンク時

の交換

キー

閉じ込み

落輪

ガス欠

JAF

15km

(ガソリン代

自己負担)

あいおい

ニッセイ同和

15km

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

アクサ

ダイレクト

35km

(注1)

 

 

 

 

アメリカン

ホーム

50km

(注1)

 

 

 

 

イーデザイン

損保

30km

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

SBI損保

50km

(注1)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

セコム損保

50km

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

セゾン

自動車

火災

15万円

(他の処置費用と合わせ15万円

が限度)

(他の処置費用と合わせ15万円

が限度)

(他の処置費用と合わせ

15万円

が限度)

(他の処置費用と合わせ

15万円

が限度)

ソニー

損保

50km

(注1)

 

 

 

 

(保険期間中に

1回まで)

損害保険

ジャパン

15万円

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

そんぽ

24

100km

(注1)

 

 

チューリッヒ

100km

(保険期間中に1回まで)

(保険期間中に1回まで)

東京海上日動

10万円

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

日本興亜火災

100km

(注1)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

三井住友海上

15km

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

(作業時間

30分まで

無料)

三井ダイレクト

30km

(注1)

(90日に1回

までが限度)

(作業料金

2万円限度)

(90日に1回

までが限度)

注1:指定修理工場までのレッカーは距離無制限

 

 

作業時間30分以内まで無料という制限が付いているものもいくつかありますが、30分あればバッテリー上がり、タイヤ交換、ガス欠、キー閉じ込みは十分間に合いますので問題ないかと思います。

 

保険の窓口インズウェブ

 

次のページ『適正なタイヤ空気圧で燃費を節約』へ >>