整備費用は値切って節約

整備費用を値切ってみる

ディーラー・整備工場で値切ってみる

整備工賃などは水商売的?な部分があるので値引きできる幅は意外に大きい

ディーラーや整備工場の代金は言われたままの金額を支払っていませんか?

 

 

値切ったことはありますか?

 

 

是非一声で良いので「もう少し安くなりませんか」と声をかけてみてください。意外に成功することも多いです。

 

 

古典的な方法に思えるかも知れませんが、車に関わる部品・サービスは高額なものが多いので値引きできる幅もそれなりに多い場合がほとんどです。

 

 

整備費用の値段の付け方はある意味「水商売的」で整備工場の言い値で決まる要素が多いのが事実です。

 

 

ディーラーではその整備内容によって整備時間が決められているので、整備内容に対する工賃が決まっていることが多いですが、時間あたりの設定金額が高いので割高になるのです。

 

新車ディーラー

 

価格の設定もそのお店によってバラバラだったりしますので、言われるままに支払うよりも「もう少し安くなりませんか?」の一言で数千円から1万円くらいの値引きを引き出せることがあります。

 

 

値切るのに抵抗がある方もいると思いますが一声かけるだけでOKだと思います。
私の場合は結構ねばって交渉することが多いです(笑)

 

 

なお、部品を買ったり整備が済んでしまった後だと交渉しにくいので
値切るのは「部品を買う前」「整備を受ける前」がオススメです。

 

保険の窓口インズウェブ

 

次のページ『交通安全協会には入会しない』へ >>